おしゃれと実用性を兼ね備えた帽子は、スポーツの世界でも大活躍

スポーツにおける習慣・ルール・マナーとしての帽子

野球は時として激しい動きのあるスポーツです。現在のプロスポーツ・野球において、上にご紹介した帽子の役割のいくつかは確実に当てはまるでしょう。
 
しかし、野球というスポーツが現在のような形になったのは、「頭を守る」「髪の乱れを防ぐ」という理由よりは「習慣」であるとか「ルール」の影響が実は大きいのです。「南北戦争」の頃、野球は徐々にアメリカ全土に広がっていきました。この頃の軍服、そして軍帽が野球のユニフォームの元だと言われています。その後、野球のルールブックにより、帽子は野球をプレーする際に身につけなければならない装備として義務化されたのです。
 
また、ゴルフの世界では多くのクラブで
 
  • ラウンド中には帽子をかぶること
 
が義務づけられています。これには安全面での配慮もありますが、「紳士のスポーツ」であるゴルフにおいては、ドレスコードとして導入されている場合もあるのです。